助産師求人の効率的な探し方

助産師 求人 > 助産師の求人探しは医療専門の転職サイトが有利

助産師の求人探しは医療専門の転職サイトが有利

市販されている求人情報雑誌は売り上げが頭打ちになっています。 その理由はインターネットでの求人が一般的になっているからです。 中でも業種にかかわらずに求人全般を案内しているサイトと医療のフィールドに特化した転職サイトもあります。 ここでは、助産師など医療分野専門の転職サイトが有利な理由について解説しましょう。

実際に看護師や助産師専門の転職サイトの方が転職成功率が高いというデータがあります。 最近は医療系のドラマのスポンサーになったりしてコマーシャルでも良く見ます。 それは経営が上手くいっている証明でもあります。

転職成功率が高いのは病院などの医療機関サイドでメリットがあるからでしょう。 一般的な業界の求人&転職紹介サイトの場合は年収の約20%程度を成功報酬としている場合が多いです。 けれども看護師や助産師など医療系に特化した転職紹介サイトの場合は成功報酬が低めに設定されています。

テレビコマーシャルでも有名な会社の場合は年収の4%から10%が成功報酬になっています。 一般的な業界の求人&紹介サイトと比較した場合に病院など医療機関の負担額は半額以下になりますから、積極的に利用しようとします。 そうなると一般のサイトには公開せずに看護師や助産師など医療系に特化した転職紹介サイトに求人情報が集中します。

このことが好循環を生みだし転職成功率が結果的に高くなるのです。 助産師や看護師の求人を探している女性も情報が豊富ですから利用価値は高いです。 一般の求人サイトを一度チェックしてみてください。 看護師・助産師・保健師の求人は凄く少ないのがご理解いただけるでしょう。

複数ある看護師や助産師など医療系に特化した転職紹介サイトでも、やはり大手で有名な企業の方が転職成功率は高いです。 クチコミ情報サイトでも高い評価になっています。 求人情報でも8000件以上の取引先があり25年以上の業績を持っており求人数はトップクラスです。

看護師や助産師など医療系に特化した転職紹介サイトに登録した後は専任アドバイザーと相談しながらベストな求人情報を提案してくれます。 給与条件や休日など待遇に関してもあなたに変わって交渉してくれたりするサポートも充実していますから有利です。


助産師は不足している?

助産師の資格を取得したとしても、需要がなければ働くことができません。 実際に助産師の需要はどのようになっているのかというと、求められている数に比べて活躍している助産師の数は少ないと言えるでしょう。

自宅で出産を希望する人が増えてきたことも関係していますが、助産師の数は足りていません。 その裏側には、助産師資格を取得する際の道のりが困難であるということも関係していると考えられます。

看護専門学校の倍率が非常に高く、入学するのも難しい現状が挙げられます。 入学したあとも卒業のためには厳しい経験を積まなければならないので、卒業するのは簡単なことではありません。

もちろん、これには助産師という仕事が非常に責任の重い仕事であるということも関係しているでしょう。 人の命が関わる現場で活躍することになるわけなので、勉強期間はもちろん、経験も積まなければなりません。 また、助産師不足が叫ばれている一方で、助産師養成所は次々と廃校という形を取っています。

ただ、国家試験の合格率は非常に高いです。 当然それまでまじめに勉強をしていればという前提での話ですが、助産師国家試験自体は難しい試験ではありません。 合格率については、約90%と言われているので、しっかり勉強しておけばほとんど合格すると思っていいです。

今後の需要については、子供が生まれる限り需要がなくなることはないので、安定した求人が約束されている仕事でもあります。 産科医院は減少していますが、助産師を頼って自然な分娩を希望する女性も増えているので、助産師の需要がなくなることはありません。

助産師は出産をする女性に対してアドバイスをしたり、乳房管理なども行ってくれる大切な存在で、女性とってはなくてはならない存在でもあります。 今後は更に自然な分娩を望む女性が増えていくと予想されているので、助産師が活躍できる場所は増えていくことでしょう。

まだまだ需要に供給が追い付いていない状態なので、仕事探しに苦労することもほとんどありません。